全速前進

だいたいポケモンの構築記事

【USMシーズン7使用構築】 戦慄のフェイスドラゴン【最高/最終2102】

こんにちは、ひらっしゅです。

ウルトラサンムーン環境初レートお疲れさまでした。

新作初めてのシーズンということもあってか、今期は非常にレートがインフレしており、僕自身もその波にのって、久々に2100にのせることができました。

前期多く見られた数値受けによるサイクルパを使ってみたかったので、自分なりにアレンジして使ってみることにしました。

早速ですが、パーティ紹介に移りたいと思います。

 

【並び】

f:id:hirashrash:20180121141156p:plain

 

【コンセプト】

物理受けf:id:hirashrash:20180121142006p:plain+特殊受けf:id:hirashrash:20180121142326p:plain+積みエースf:id:hirashrash:20180121142825p:plainorf:id:hirashrash:20180121142536g:plain…基本選出

状況に応じて

タイプ受けf:id:hirashrash:20180121143051p:plainとストッパーf:id:hirashrash:20180121143117p:plain

を選出に組み込む。

 

【パーティ紹介】

 

f:id:hirashrash:20180121143406g:plain

カバルドンゴツゴツメット

特性:すなおこし

性格:わんぱく

実数値:215(252)-132(0)-187(252)-x-92(0)-68(4)

技構成:じしん なまける ステルスロック ふきとばし

 

構築における物理受け。

物理をゴツメで削りながら、怠けるでHPを管理して後出しを繰り返す。

メインウェポンの地震とサイクル展開を有利に持ち込むためのステロ、場持ちをよくする怠けるは確定。ラストは欠伸と迷ったが、浮いてる身代わり持ちに一方的に起点にされるのを防ぐために、流しとしての吹き飛ばしを採用。

パーテイが呼ぶ呪いミミッキュに強くするために半分回復実を持たせた方がよかったかもしれない。

 

 

f:id:hirashrash:20180121144553g:plain

メガボーマンダボーマンダナイト

特性:いかく→スカイスキン

性格:いじっぱり

実数値:201(244)-188(44)-151(4)-x-129(148)-149(68)

技構成:おんがえし みがわり はねやすめ りゅうのまい

 

構築における積みエース①。

圧倒的な数値で受けながら龍舞を積んで、削れた相手にとどめを刺しに行く。

Dに厚いため、対水性能の向上に加えて、サイクル参加しやすくなっている。

7世代で初めて使ってみたが、私が使ってきたメガ枠の中で最も信頼できる活躍をしてくれたので、今後も使っていきたいと思う。

 

 

f:id:hirashrash:20180121145716g:plain

ギルガルド@ハガネZ

特性:バトルスイッチ

性格:いじっぱり

実数値:159(188)-112(252)-171(4)-x-173(20)-86(44)

技構成:アイアンヘッド かげうち つるぎのまい キングシールド

 

カバマンダ+鋼の並びが強いと思い採用。

テテフやグロスに後出しをして、裏に高火力を押し付けていく。

無効タイプが無く、純粋に負荷をかけたかったので剣舞ハガネZ、場持ちをよくするためにキングシールドも採用した。

本当は残飯を持たせたかったが、真のエースの必須アイテムのため、この型にした。

 


 

f:id:hirashrash:20180121150659g:plain

オニゴーリ@たべのこし

特性:ムラっけ

性格:おくびょう

実数値:177(172)-x-105(36)-101(4)-106(44)-145(252)

技構成:ぜったいれいど フリーズドライ みがわり まもる

 

構築における積みエース②。

以前までの起点づくりからのオニゴーリと比べて、サイクルの中でのオニゴーリの強みは大きく分けて2つ

①ムラっけの試行回数を稼ぎやすい。

②頭数が残るため呪いミミッキュに対して、呪いを解除する立ち回りができる。

起点づくりは捨てる立ち回りをするので、能力変化を見ていったん下げる立ち回りをしにくいが、サイクルパのオニゴーリはその問題を解決でき、より活かすことができると感じた。

無起点のゴーリは不安定ではないかという疑問は、後述するポリゴン2とセットで選出することで解決している。

毎回オニゴーリ使ってるなこの人。。。

 

 

f:id:hirashrash:20180121151904g:plain

キノガッサきあいのタスキ

特性:テクニシャン

性格:いじっぱり

実数値:135(0)-200(252)-101(4)-x-80(0)-122(252)

技構成:マッハパンチ タネマシンガン がんせきふうじ キノコのほうし

 

構築におけるストッパー。

主に今期多かったポリクチや雨パの他、ギャラ入りなどに選出する。

この枠は行動保障+技範囲が広いポケモンが適切だと考え、スカーフ水ロトムやタスキゲッコウガなど色々試したが、キノガッサが一番しっくりきた。

対面性能はもちろんのこと、胞子やがんぷうでエースの起点を作る動きもでき、万能だった。

まだまだこの枠は改善の余地があるため、今後も探っていきたい。

 

 

f:id:hirashrash:20180121153241g:plain

ポリゴン2しんかのきせき

特性:アナライズ

性格:なまいき

実数値:191(244)-100(0)-113(20)-125(0)-160(244)-72(0)

技構成:おんがえし れいとうビーム でんじは じこさいせい

 

構築における特殊受け。

ブルル以外のカプやリザyをみたり、エースの起点を作成したりと構築に欠かせない働きをしてくれた。

電磁波はテテフやリザyに痺れ待ちをして再生連打をすることでHP管理をしやすくしたり、グロスがどうしてもきつい時に麻痺を入れたりとゲームを優位に進めるために何かと便利だった。

迷ったらとりあえずこいつを初手に置けば何とかなっていた。

f:id:hirashrash:20180121154441j:plain

TNぱいナップル 最高/最終2102

 

来期はもっと高みを目指せるように頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

構築名はダブルエースf:id:hirashrash:20180121142825p:plain(顔=フェイス)とf:id:hirashrash:20180121142536g:plain(ドラゴン)から